太っても痩せても弊害はあるようです。

昔からタイトな洋服が好みのワタクシ。

ゆる~いスタイルが流行ると買いたい服がなくていつも困るのですが。

そのため、洋服をなかなか捨てることができず、今は着ないけどこの先着るからと思いずっと保存していたんです。

しかし、その間に体型は変わります。

私の場合は、昔に比べてずいぶんとスリムになってしまったんですね。

太ったら着られないけど、痩せた分には困らないだろうと思い、やっぱり保存。

そして子どもが大きくなり、ヒールの高い靴も再びはけるようになったので、大好きでよく着ていたタイトロングスカートを久々に引っ張り出してみました。

ウキウキしながら履いてみると、なんだか変なんです。

もちろんちゃんと入るんですが、シルエットが。

よ~く鏡の中の自分を見ると、なんだかスカートがたるんでいるんですよね。

そう、昔はこれにぴったりだったので、スカートの生地も私のスタイル通りにのびていたんです、特に下腹のあたりが。

太っていた人が痩せると、皮膚がたるんだりしますよね。

まさにあの感じ。

お腹、お尻のところが微妙にのびていて、形がついているんです。

つまりあの頃の体型じゃないと、きれいに着こなせなくなってしまっていたんですね~、このスカート。

それに気づいてしまったので、もう処分するしかありませんでした。

太っていた頃着ていた洋服は痩せれば着られる、なんて安易に考えていたのですが、意外に違うんですね。

太って着られなくなるよりもその後どうにもならないのだということを思い知りました。

やっぱり体型って変わらないに越したことはないんですね。

これから購入するお洋服はこんなことにならないように、体型を保っていこうと思いながら、ため込んでいた古着を次々と処分したのでした。