本当にMサイズでよかったのか?

小さいころから、よく食べてよく眠り、インドア派だった私は、当然まるまるっとした子どもでした。

しかも父親が私にとても甘く、嫌いなものは食べなくていいよ~、な人。

そりゃ太って当然です。

よくTVで見る仰天チェンジの「どうして太ってしまったのか」の再現ビデオみたいな生活でしたね。

でも、身長が小さいし、丸いくせに変に美意識だけは高いというか。

お洋服のサイズはMサイズ、ウエストは63センチ以上にはならない、と心に決めておりました。

というか、それ以上を購入したら負けだと本気で思っていたのです。

そんなある日、ぷらぷらっとお洋服を見に行きました。

私がお気に入りのお店は、安くてかわいい服がたくさんあるところで、ちょくちょく掘り出し物を探しに寄っていたんです。

そこに、私好みの、外国の風景をプリントしたTシャツとショートパンツのセットが売っていたんです。

上下セットで1000円、激安!

サイズは当然Mを購入しました。

わくわくしながら家に帰って着てみると、Tシャツは特に問題なし。

ま、今考えるとかなりパツパツだったんですが、その方がむしろバストが強調されていいと思っていましたからね。

そしてショートパンツ。

これが、ギリギリなんです。

お尻のお肉が多すぎて、本当にぴっちぴちで(笑)

ウエストは細いけど、下腹はお肉ついてましたしね・・・。

あの時、かなりショックを受けた記憶があります。

「私Mサイズがキツいの?」って。

結局あまり着ることがなく、ずっととっておいたそのセット。

昔よりずいぶんスリムになった今、着てみました。

あ、普通に入ります。

やっぱりあの頃、私結構無理してMサイズを着ていたんですね。

どんな服もパツパツに見えてたんだろうな~、あぁ、若いって怖い(爆)

body{margin:0px;}